×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重まぶた埋没法とは

二重まぶた埋没法のメリット・デメリットとは

二重まぶた埋没法とは

 まぶたの脂肪を切開し取り出すという方法で、はっきりとしたラインを作ることができます。最近では、二重まぶたの整形手術には糸を埋め込む埋没法という方法が人気を集めています。平行型は二重の始まりが目頭から離れているもので、パッチリ、クッキリとした印象になります。二重まぶた埋没法でどのような二重のラインを作るかは、カウンセリングによって決めることが出来ます。

 

 目尻にかけて徐々に二重の幅が広がっていき、全体的には控えめな雰囲気です。末広型は日本人に多い二重まぶたのタイプです。二重まぶた埋没法とはメスを使わない美容整形で、まぶたの皮膚の下とまぶたの筋肉を糸で数カ所を留めることで眼瞼挙筋と皮膚をつなげ、目を開けた時に二重のラインを作ります。末広型や平行型などどんなラインが似合うかは好みもありますので、よく考えて決めるといいでしょう。

 

 一重のまぶたを二重にするには切開法が多く使われてきました。医療用の糸を使い、体内に溶け込むことはありません。二重のラインを微調整するには、糸をどこにつなげるかで形や深さをコントロールできます。二重まぶたとは、まぶたを上下させる眼瞼挙筋という筋肉が一部枝分かれして皮膚にくっついているため、目を開ける時に折り目ができる状態です。

 

 一重まぶたと二重まぶたの違いはほんの些細なものですが、それだけで顔全体の印象はガラリと変わります。まぶたを何カ所で糸を止めるかによって、くっきりとした二重になります。また、二重まぶた手術を受けてイメージチェンジをしたために性格が明るくなれたという内面の変化もあります。 

二重まぶた埋没法のメリット

 手術をする部位はまぶたとその筋肉なので、眼球にキズがつく等の危険も避けることができます。二重まぶた埋没法の最新技術では、目への負担を最低限に留めるために皮膚と筋肉のごく一部のみを繋げています。もし思うような形にならなかった場合でも、糸を抜いて元の状態に戻してから、再び埋没法手術を受け直すこともできます。施術にかける時間はわずか数分という所もありますので、昼休みに済ませてしまえるくらいです。

 

 なるべく家族や知人に気づかれないように手術を終わらせてしまいたい人も、二重まぶた埋没法なら可能です。術後の腫れは数日で目立たなくなります。二重まぶたのラインに納得がいかなかった場合は、手術をした場所に小さな穴を開けて糸を取り出します。手術をする皮膚の部分は血管が多く、また、粘膜はとてもデリケートな部位です。

 

 施術時間も短くて済みますし、糸を通す場所くらいしか傷が残らないので、施術の痕跡もほとんど残りませんし、術後の回復も早く済みます。手術の結果については個人やクリニックの違いはありますが、翌日から普通に活動できます。術後に通院も必要ありませんし、抜糸もありません。

 

 まぶたとまぶたを開閉する筋肉を糸で繋げる技術は様々ですが、近ごろの埋没法では糸が皮膚の中に埋まるように施術するため、外見からでは糸はほとんど目立ちません。二重まぶたにするための整形手術は、埋没法が出る前まではメスでまぶたを切開し、脂肪を取り出して縫い合わせる切開法が主流となっていました。化粧や洗顔なども、一般的な場合では翌日から通常通りにできます。

二重まぶた埋没法のデメリット

 基本的には、二重まぶた埋没法の場合、まぶたの奥の部分に脂肪が少なく、二重が作りやすい人に向いています。デメリットとしては、二重まぶた埋没法は元の状態に戻りやすいということがあげられます。けれど全くデメリットがないというわけではないので注意が必要です。その人によっては手術の後数日の間は、まぶたが腫れることがあるかもしれません。

 

 二重まぶた手術のひとつである埋没法は、手軽で安全にできま。手軽な二重まぶた埋没法ですが、その分仕上がりなどに限界はあります。けれど一カ所でできないと言われたからといっても、クリニックによってできるところ、できないところがありますので、すぐに諦めることはありません。どういう施術方法が手術を受けるクリニックで使われるのかをしっかり確認しておくことが重要だといえます。

 

 二重まぶた埋没法の技術は、最新の研究で新しいものが生み出されています。ですから元に戻ってしまった時に手術がやり直しできるかどうかと、その際の料金はどうなるかということを、あらかじめ確認しておくことが必要だといえるでしょう。けれど誰に対しても全く腫れがないというわけではないのです。二重まぶた埋没法のメリットのひとつに、術後の腫れがほとんどないという点があります。

 

 反面まぶたの厚い人、特に腫れぼったいまぶたではうまく二重にならないことがあるようです。しかし事前に二重まぶた埋没法のデメリットを把握し、対策を考えておくことでリスクを軽減することができます。最近は元に戻らないようにいろいろと工夫されていますが、完全な保証はありませんので気をつけましょう。また、糸を埋め込みますので軽い異物感が生じることがあります。

 



リンク集一覧

最新情報

二重まぶた埋没法のメリット・デメリットとは」では二重まぶた埋没法のメリット・デメリットについて解説しています。二重まぶた埋没法興味のある方は必見です。

 
 
バイト求人探し